どすこいちゃん空を征く

どすこいちゃんが空を制圧する話。

夢の話

先日見た夢がとても不思議だったので忘れないうちに書き残しておこうと思います。

夢なので矛盾等々ありますが。見ている間苦しかったわけではないですが、起きてからの疲れが酷かったです。

 

全体のモチーフはクトゥルフ神話(という設定)。わたしは一ミリもクトゥルフについての知識は無い。というかそれらしい要素も夢のうち最初しか出てこない。

 

冬の早朝、わたしは彼氏に呼び出され地元の駅に向かう。時間は始発が動き出す頃。その日は電車がとても混んでおり始発には人が収まらず仕方なく二本目の電車に乗る。体感としては江の島に向かうような感覚。目的地に近づいていくに連れて車内は空いていく。何度か乗り換え、最後に乗った路線では車内には自分たちともう数客しか乗っていなかった。途中、空いてきたので車内で化粧を整えようとしたら人前だと窘められたが、鏡を見たらひどい顔をしていたので無視して直した。

最後の路線は海面を走っていた。窓から外の海を見ると余りにも巨大な蛸や烏賊が暗雲を背負いすぐ近くからこの列車を見ていた。その巨体はいくつも隙間なく連なり海面へ顔と手を出していて、いつこちらに手を伸ばし人間を食べてしまってもおかしくないように見えた。黒い空の下、その巨体と巨体のわずかな隙間を縫うように列車は進んで行った。その大きな軟体生物らは神と呼称されうるものらしく、しかし姿を見せるようになったのはごくごく最近である。今日はこの新しい神らに関連した新観光名所に連れて行ってくれるということらしかった。きっとすぐに人が集まり溢れる場所になるであろうから、まだ人間があの神らを恐れている今のうちしか楽しめないということらしい。

終着駅は白い砂浜であった。駅らしい建物や改札や駅員は無く、ただ線路の終わりが砂浜にあるだけだった。その浜には明るい日が射しており、先ほどまでの暗雲はあの神らが呼んでいるものだったようだと判った。その浜から先ほどまでその上を通っていた海を見ると、巨大な新しい神性生物は未だ当然のようにそこにいて、黒い雲の下で息をしていることが判る。しかしその巨大さゆえに人の目では遠近感が全く掴めず、また海面を通っている筈の線路も視認出来ず、ここがあれらとどれほど離れているのかも先ほど通った箇所があれらとどれほど近づいていたのかも判らなかった。

ここはどこなのかと聞くと「静岡だ」と返事があった。

終着駅まで乗っていたのは自分たちだけではなかった。わたしの中学時代の同級生が二人、女同士で来ていた。この時はわたしが既に随分先を歩いている2人に後ろから気がついただけだったから声はかけなかった。わたしは彼氏と手を繋ぎ、柔らかな白い砂浜の上を歩いた。砂浜の端には緩い階段があり、浜を上がって少しした先が大本命の目的地らしい。わたしはそんな事よりも自分の頭より少し上にある肩を見て身長が高いなあと思っていた。

大本命の目的地とは、学校のように見えた。校門が有り、校庭が有り、周りには花壇のようなものが有り、その奥に校舎が有るようにしか見えなかった。

中に入る時、先程前を歩いていた同級生2人に追いついた。挨拶はしなかった。その時の2人を見て「心中か」という印象を持ったことは覚えている。それが2人の様子から得た印象なのか、それとも神性生物に物見遊山気分で触れに来ていることから得たものなのかは目が覚めた今となっては判らない。しかし校舎のような建物に入る際不穏なものは全く感じなかったので2人の様子によるものが大きかったのではないかと思われる。実際、ここで追い抜いたのちこの夢の中で彼女らを見ることはなかった。

 

 

12月に見た夢のメモがここまで残ってたんだけど、ここまでしか書かれてなかったし、この後は人語を操る巨大モンスターと戦ってわたしが勝って学校から脱出して終わったから特に面白くないし、上げちゃう〜!!

続・ヒロ様の話

KING OF PRISM-PRIDE the HERO-円盤発売おめでとうございます!!!

今日は報われたオタクの話です。いや結構適当です。

続きを読む

誕生日の話

今日はわたしの誕生日だったんですよ。1月5日。おめでとうございます、ありがとうございます。

誕生日は1年に一回しか来ないので、どうせなら沢山祝ってもらいたいなと思って「祝ってくれ~!」って言ってたら今日だけで軽く二桁越えた人におめでとうって言ってもらえたんでめちゃくちゃ嬉しかったです!お察しの通り今日は自慢しかしません!

 

今年は朝4時起きなのに日付変わるまで起きてて変わった瞬間「ピッピロピ~」って言ってきた女と、日付変わってすぐあたしの推しカプを「おめでとう」って上げてくれた女とで熾烈を極める頂上決戦だったと思います。なんのって、あたしを好きな女の。こんさんを好きな女頂上決戦。あたしと結婚するには少なくともこの二人は倒していかないといけない。どう考えてもこの二人、あたしの事が好き。超嬉しい。

わたしは自分自身が人の誕生日とかを覚えて居られるタイプではないのでそうやって前準備が必要な事をわざわざしてくれていたって相当嬉しい事だし凄い事だなって感じです。

原稿が終わったらわたしの推しカプ描きます!って言ってくれた女もいたし、おめでとうって言ってくれる時に「好き」って言ってくれた女もいた。プレゼントくれるって言ってくれた女もいた。いやも~~~~すごない?すっご~~~~~!友達沢山かよ!!

普段は誇張でなく「友達居ない」と思ってるんですけど、これか認識を改めないといけないかもしれません。

おめでとうって言ってくれた人は少なくともわたしに対して悪感情は無いと思ってよくないですか?いいでしょ!わ~い!みんなありがとう!!

 

オタクなので、自ジャンルの話をします。

グランブルーファンタジーには誕生日ボイスなるものがあるんですよ。ボイスと言うか、小話というか。この小話が毎年増えていくんですよ。この毎年増えるっていうのが最高でやばすぎて困り果てて泣きました。

グランブルーファンタジーはもうすぐ4周年を控えたゲームなので、現時点でその手の節目ボイスは3年分あります。その手の、というのはお正月やハロウィン等にもその類の小話があって、それらも毎年増えていっていて、それらのことです。

何年も一緒にいた彼らが、今ここでともに時間を過ごしたわたしに(そしてグランくんに)祝いの言葉を贈ってくれるっていうのが、蓄積した時間は無駄じゃないっていうのが…涙腺ガバガバオタクだからす~ぐ泣く。

3年目ともなると、団員達デレッデレですからね。みんな素直に「おめでとう」「息災を」「来年も」って言ってくる。全員グラン君に抱かれてますから。

「来年も君を祝えることを楽しみにしている」とか、「だからこの1年も無事に過ごせ」とかみんな言ってくるんですよ。

グのメインストーリー周り全然やってくれないの悲しいんですけど、空に夢見て旅立った少年は段々と全空の運命たる父の影と向かい合わないといけなくなっていくんですよ。暁の空編入って何回「あの男の息子か」って言われたか判んないくらい。

そんな時、偉大なる父の影と戦うただの少年を支えるものは、彼が“あの男の息子”として持っているものではなく“彼自身”として重ねてきた彼らとの時間なんじゃないかって…とかそんなようなことを一生懸命考えてたら普通に泣いてました。オタクなので。

全空の運命は父で、その息子でしかないのかもしれない自分自身を、自分としてのみ見て接してくれる愛すべき団員達と蒼の少女に無限の愛を貰ってしまった…という気持ち。まじで。

3年目誕生日ボイス、おすすめはカリオストロ、ネツァワルピリ、アルベールです。特にアルベールはグラン君との距離感が理想的過ぎた。グラン君のことを騎空団の団長として大切に思いつつ、自分にも団長としての責任があることや背負ったものがあって自分の道とグラン君の道の至る場所は決して一致しない事を弁えている。この2つは決して無くせないけれど矛盾もしないんだっていう感じ。ハァ~~~って感じですよもう。グラン君に依存したどこぞの炎帝に聞かせたい。お前の口からもわたしはこの言葉が聞きたかった。これがアルベールで出来るのにパーシヴァルで出来ない理由って何?って感じ。

あんまネタバレはしたくないけど、この3人は全人類に聞いてほしい。聞いた方が良い。まじで。

あとは普通に推しがさいこ~!!って感じでした。ガウェインもロミオもノイシュも。

一番泣いたのは、ヴェインに特殊動作がついてたことでした。

ヴェインが最推しなんですけど、正直ここまでのヴェインの公式からの扱いや小話の展開などから「公式はヴェインをランちゃんのおまけとしか見てないんだなあ、信じたくはないけど」って感じだったので。

元気のいいオタクだから「ア゛…アア"……」って泣いた。今日は泣きっぱなしである。

ヴェインの誕生日は無限に見たくてケータイで録画したけど、声が入ってなかった。面倒だったから録画のし直しはしなかったけど。

内容のネタバレはしたくないから言わないけど、ここまで書いて「もうすぐ4周年なんだからもうみんな3年目ボイス聞き終わってんじゃない?」って気がついた。あたしの誕生日遅いもんなそういえば。いやそんなことは知らないが。あたしはあたしの誕生日だからあたしが祝われた話をするんじゃい。

話は変わりますが、お空、立ち絵の表情が少しずつ増えてるところも好きです。クラリスとか、凄いお年頃の女の子!って感じでめちゃめちゃ可愛い。

俺達の課金が神アニメになったり神表情になったりするからグから離れられないんだなあ。

 

終わりに、改めて本日は沢山の方に祝って頂きとても嬉しかったです!ありがとうごさいました!

だらだら書いてたら普通に日付が変わった。

12/1第一回スラム焼肉大会参加の方へ

※ご参加ありがとうございました!

次回名古屋回をお楽しみに※

 

続きを読む

雑記

日記です。わたしの不思議な話を聞いてくれ。

 

わたしはツイッター大好き女で、普段から基本的に四六時中ツイッターを見てる人間なんです。あいふぉんはツイッターする箱みたいな感覚でいる。ゲームも出来るしこの箱なんかめちゃくちゃ便利だなぁ(友達がいないので人との連絡という用途でこの箱が活躍する事はほとんど無い)。最近はこの便利な箱を麺棒で伸ばした板も欲しいなぁ〜って気持ちがあるけど、あの板高いよね。この箱も高いし。ツイッター、もしかして世界一ハードが高い遊びじゃない?ニンテンドー3DSLLだってここまで高くねえぞ。話が逸れました。

そんなわたしが、一週間ほどタイミングが諸々重なって全く呟かなかったんです。嫌な事があったとか、気分が優れなかったとか、出掛けるとか、本読みたいとか、アニメ見たいとか、なんかそういうのが色々あって"特に言うことねーな"ってずっと思ってて、ツイッター開いて、バァ〜って見て、好きなツイートふぁぼって、何も言わずに閉じる、みたいな期間が約一週間くらい続きました。

話は飛んで、先々週、つまり全く呟いてなかった頃の一つ前の週、眠気がすごくてですね。余りにもしつこかったから該当のツイートはもう消してしまったんですけど、何度も繰り返し呟いてしまうくらい常に眠かったんです。月曜、眠い。火曜、眠い。水曜、眠い。木曜、眠い。金曜、眠い。って感じで。本当に。睡眠は普通に取ってるつもりでいたんですけどね。

そして、今。ツイッターはバックグラウンドで稼働中で、現在めちゃくちゃ眠いんですけど、そしてここからが本題なんですけど、もしかしてツイッターって眠気を誘発する成分を分泌してない!?

ツイッターって普段"能動的に何かをする気力が無い時に唯一出来ること"って扱いをされるけど(そしてその扱いはしばしばマイナスのイメージを付与されて話されるけれど)、もしかしてツイッターに四六時中張り付いてるってそれはそれでエネルギーを消費する行為なのでは!?

何かを呟くことも立派な発信の一つであって、アウトプットの手段の一つであって、無駄なことやまして悪いことでもなんでもないのでは!?

とてつもなく無為な時間に見えるツイッターでさえ無駄にはならないと言うのなら、この人生において無駄な時間なんてものは一つも無いのでは…?生きているからハッピーだ…?やった…やった……!

早く社長就任したい。

 

以上です。

 

 

ところで、今投稿した日記をツイッターで「書きました」って言おうとしたらはてなから"該当のアカウントがありません"て返事が来たんだけどあたしのことスパブロした奴誰だよ。やめろ。

雑記。

わたしはブスとキモいオタクが嫌いで、その点を割と普段から隠してない方だとは思うんですが(そして似たようなタイプが周りに多いのでお互いにすぐ口に出してしまう)、別に自分のことをブスだと思ってない訳でも、キモいオタクだと思ってない訳でもないんですよね。

道端のうんこを「あ、うんこ」と思うことと、自分自身がうんこであるかどうかって全く関係ない話じゃないですか?

昔某声優系のイベントに行った際、周りにいた女オタク達が右から左まで見渡す限り、駅から会場に着くまで行きあう全ての女がまじでキツくて耐えきれなくて「ヒェ〜〜〜キモい〜〜〜〜ヒェ〜〜〜〜〜〜」って延々言ってたら一緒に行った友達にキレ気味に「いや人の事言えないからね💢」って言われたんですけど、そんな事はまず前提の事じゃないですか。

周りにいる女まじで全員ブスだしキモいしその女達が集まる空間絶対クソクソクソクソやばいけど、自分がその空間を構成する一員である自覚が無いわけないじゃないですか。というか、自覚があるからこそ余計キツイっていうのに、「人の事言えないからね💢」ってキレられたの割と今でも納得いってないです。

人の事が言えないことと周りの女オタクがブスでキモくてキツいと思うことの因果関係がまじで判らねえ〜〜〜〜。

例えばわたしが、「ここにいるオタク全員ブスでキモいなわたし以外!」って言ってたなら「いや人の事言えないからね💢」ってキレられるの判るし、人の事言えなかったか〜!って納得するんですけど。

わたしが美人だったならともかく、自分がブスなんだからブスなんか好きになれる訳ないじゃないですか。鏡で毎日ブスを見てるんだから出来れば鏡以外でブスなんか見たかないんですよ。

わたし自身がバリクソキモいオタクであることと、オタクがキモいことってなんの関係があるの?なんの関係があるから言ってはいけないことになるの?

わたしはキモいオタクを見たら「うわっキモッ」って思うし、他人もわたしを見たら「うわっキモッ」って思うだけの話じゃない?

お互い赤の他人同士なんだからすれ違った時の感想なんてどうでもいいじゃん。貴方気持ち悪いですね〜〜!!!!!って他人に特攻していこうって話なら勿論別ですけど。


なんの話がしたかったかというと、電車で向かいの席に座っていた女、顔と髪と服の感じから言って十中八九オタクのあの女、多分ケータイ縦持ちだったからツイッターしてたんだと思うんだけど、電車内でニッマニッマしながら一生懸命ケータイカコカコやってて、クッソクソ気持ち悪かったって話でした。

つい楽しくなってにやけてしまう気持ちは判るから顔は引き締める努力はせめてして欲しい。パッと目に入った時気持ち悪すぎるので。

改めて言うまでもないことですが、ここまでの特に内容のない文を一生懸命、あの女と同じくケータイカコカコやって打ってたわたしも同じくらい気持ち悪いです。

岩泉一の負い目の話

岩泉一は、及川徹の横に立つのが自分であることに多少なりとも負い目を持っています。それが意識下か無意識下かまでは判らないですしそれを限定しようとも思いません。

 

岩泉一は、「及川徹が自分を相棒視するのはあの時影山飛雄に対する及川徹を止めたのが自分であったから」だと思っています。

「6人で強い方が強い」という真理を彼に提示したのが自分だったから。

 

それは裏を返すと、それさえ言えたなら岩泉一でなくても良かった、岩泉一本人である必要は無かったということです。

少なくとも岩泉一はそう思っている。

及川徹にとっても"暴走する自分をとめてくれたこと"、"悩み壁にぶつかる自分に一つの答えを明示してくれたこと"は確かであり、そこを理由にすることはなんら不自然なことではありません。

 

及川徹は現状、作中No. 1セッターであり、及川徹と青葉城西というチームは全国大会に進んでも通用する実力があると明言されています。

対して岩泉一は、「レベルは高いのに及川徹のせいで目立たない」とされる選手です。それは岩泉一がエースとしてウシワカや木兎さんなど第一線をはる選手と比べると一つ格が下がるということです。例えば、岩泉一がウシワカほどの実力を持ったエースであったなら、青葉城西の中で「及川徹のせいで目立たない」とは言われず「及川徹と二枚看板」という評価になったはずです。

そこが岩泉一の中では少なからずひっかかっています。

ウシワカが及川徹のことを欲しがっているから余計に。

及川徹とウシワカが組めば県大会を突破し全国大会でいいところまで戦っていくことが出来るのは想像に難くありません。

 

ここからが言いたいことです。

本当に及川徹にとって岩泉一が特別なのは本当にあの日(60話)のことだけが理由なのでしょうか。

そんな訳ないんですよね。そんな訳ないんですよ。

あの日の及川徹は思い悩んでいて、チームメイトから「見てるこっちがしんどいくらい」と表現されています。それを発言したのは岩泉一ではありません。あの日の及川徹は誰の目にも明らかに調子が悪かったです。それでも及川徹の様子を見にわざわざ戻ったのは岩泉一だけでした。

岩泉一には幼馴染として、及川徹と共有した時間があります。だから及川徹の調子が悪いことが悪影響を及ぼしているのがプレー面よりも精神面なことが判っていました。

あの日、誰の目から見ても明らかに調子を崩していた及川徹の様子を、見にいくことが出来る距離感にいたのは岩泉一だけだったんですよね。

 

 

 

ここまでは結構前から書いてあったんだけどここから先進まないし上手く文章化出来ないしつら~~~い!!!誰か上手に文章化してくれ~~~!!描き始めたの210日前だってよ〜〜〜!!!うえ〜〜〜!!

岩泉一は「あの出来事だけで及川徹は雛鳥が親鳥を認識するように自分を信頼している/それは最早盲信に近い」と思ってんだけど、実際はそんなことは無くて及川徹と岩泉一の間にはあの二人だから築き得た無二の信頼関係があるんだよ~~!!それはむしろ明確なきっかけなんてものはなくて時間と経験とが作り上げたものなんだよ…それを岩泉一は自信の無さゆえに理解しきらない…ような…気がする…。

とはいえ、岩泉一は及川徹が選んだ唯一無二の相棒なので、そんなところで躓いたりはしないんですけど。岩泉一の精神性は人間のソレではないので自信の無さというよりは客観的な認識って感覚が強い気がします。

“岩泉一”はエースとしては全国一線級に一歩劣る。そんな自分を相棒と確信しているのはあの出来事ゆえだろう。みたいな。

それを頭で理解していたとしても、岩泉一は及川徹の相棒という座を誰かに譲ったりはしないんですけど。

 

あの二人、最後には最高の形で別れるんですけど、岩泉一は“あの時”及川徹を縛ったので、岩泉一はこれからも続いていく及川徹の人生の中で、唯一無二にして最後の相棒という椅子に座り続けるんですよ。隣にはもう居なくても。

あの二人はそういうものなんです。